英会話カフェとスクールの違いについて徹底調査!【横浜編】

カフェvsスクール!1ランクUPに効果的なフリートーク

横浜にある英会話スクールと英会話カフェの違いについて詳しく解説しています。

英会話スクールVSカフェin横浜

英会話スクールは知ってるけど、カフェってどんなトコ?

英会話カフェに関する人気や関心は近年になり次第に高まってきました。英会話カフェとは、コーヒーやお茶などを飲みながら気軽に英語でおしゃべりを楽しむことができるというカフェのこと。

利用するメリットのひとつは「安さ」。通常英会話スクールに通うと、高額な費用が必要となってきますが、英会話カフェの多くは1時間あたり1,000円程度という値段設定のカフェが多く、スクールと比べても低価格で英語に触れあうことができます。また、「気軽に足を運べる」というメリットも。予約が必要ないことも多く、空いた時間に気軽に通うことができるのも人気が高いひみつです。

スクールで高い料金を払うよりカフェの方がお得?

低価格の英会話カフェに何度も通うことで、英語もすぐに話せるように…と考えてしまいがちですが、英会話カフェは、あくまでも英語でフリートークを楽しむ場所です。英会話スクールのようにカリキュラムに沿って、しっかりと指導をしてくれるわけでも、カフェでの会話で英語をイチから教えてくれることはありません。

英会話の実践の場としてはカフェが効果的

当然のことながらカフェにいる外国人が、自分のレベルにあった会話をしてくれるとも限りません。つまり、ある程度の英語を話せて、なおかつ積極的に会話に参加できるという方であれば、自分の英語力を試すことができる場としては最適なのですが、まったくの英会話初心者が足を運んでも会話に入ってはいけないばかりか、ただ外国人の多い普通のカフェでコーヒーを飲んで帰るだけ、ということになりかねません。

ある程度の英会話スキルがあり、英語でのコミュニケーションがとれる人であれば、英会話カフェは実践の場として最適な場所といえるでしょう。

スクールは学ぶ場所、カフェは実践する場所

英会話教室・スクールでは、講師による指導のもと英語を学ぶことができます。カフェでは、学んだ英語を実践することができます。つまり、それぞれに特徴があり、どちらが良いというものではないので、自身のレベルに合った場で学ぶことが大切です。

【番外編】スクールが運営している英会話カフェもある

ある程度の英会話力が必要な英会話カフェですが、数こそは少ないものの英会話スクールが運営しているカフェも存在します。そこでは講師が在籍しており、カフェの片隅で英語をイチからきちんと教わることが可能です。座学で教えてもらった英会話を教わった直後にカフェにいる外国人に実践!といったこともできるので大変便利です。

また、横浜では少数ながらも、初心者向けや専用のテーブルを用意し、英語レベルに応じた対応をしているカフェもあるので、コミュニケーション力に自信のある方は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

英会話カフェを利用した人たちの口コミ

「私が行ったカフェは、1時間1,000円でフリートークを楽しめてコーヒーなどが飲み放題。とても良心的なお値段とシステムなのですが、勉強のためには、とにかく何でもいいから会話をすることが求められます。好きな時間に活用できるので使いやすいです」

「スピーキング力を上げたかったので、英会話カフェのフリートークに参加しています。ただ、基礎力を底上げしたいのであれば、やはり英会話スクールをおすすめします。注意点としては人見知りしていてはただ座っているだけなのでもったいないです」

「英会話スクールが運営しているカフェに通っていました。そこではスクールでやるようなレッスンも実施していました。使用している教材はテキストをプリントアウトしたものだけだったので、とても安かったです。話がテキストからそれる場合もあり、より実践的なレッスンを楽しめます」

「時間を気にせずにお茶を飲みに行くついでに、英会話を楽しめるというところが気に入っています。スクールのレッスンとは違い、講師を囲んでワイワイとトークを楽しみながら覚えていく感じがとてもいいですね」

カフェで大切なのは、ある程度の英語力と度胸

実際に英会話カフェに通っている人たちの口コミをみてもわかるように、ここで大切なのはある程度の英語力と、積極的に会話をする度胸です。やはり、英会話カフェで最初からレベルを積み重ねることはむずかしく、スクールに通ってある程度の会話力を身につけてから、実践の場として活用している人たちがほとんど。初心者やこれから英語を学びたいと考えている人は、まずスクールで基礎学力を身につけることをおすすめします。

#