ビジネスで活用!業種別専門コースで特訓

語学力を活かして世界で活躍!ビジネス英会話の特徴や必要性、実際に通った人たちの口コミを紹介しています。

ビジネスシーンでの英語の活用について

英語は世界の公用語として広く使われていますが、その使い道はじつにさまざま。外国人とのコミュニケーションをとるため、TOEICやTOEFL対策のため、通訳・翻訳者として活動するためなど、ビジネスシーンでの活用を目的とするケースも多々考えられます。2020年の東京オリンピックが近づいていてくるのと同時に、これをビジネスチャンスと考えて英会話スクールに通い、英語を習得しようという人が増えているのです。

ビジネス英会話と日常英会話の違いとは?

英会話スクールでよく目にする「ビジネス英語コース」と普通の「日常英会話コース」。明確な違いを挙げるとすれば「スキル」と「特技」の差です。日常的な会話をするのであれば、正確な文法や表現ではなくても、ニュアンスが伝わる言い回しができれば会話に支障はありません。しかし、ビジネスシーンでの英会話では、トークスキルもビジネスマンの武器となります。例えば、商品の魅力を分かりやすく伝えるための英語や、専門性の高い分野での英語表現を習得するためには、やはりそれなりの専門性などに特化した「スキル」が必要です。「ビジネス英会話コース」は、英語を単なる特技としてでなく、ビジネス上での武器として使うための修練場といえるでしょう。

ビジネスに活用できる英会話スクールとは

ビジネスで活用する場合でも、目的に合ったスクール選びに注意すべきです。横浜駅周辺には数多くの英会話教室・スクールが存在します。「ビジネスコース」と表現されている中でも、TOEICやTOEFL対策コースや病院や医療現場での活用などの専門分野に特化したコース、通訳者・翻訳者としての知識を学ぶコースなど、さまざまな専門的なコースも用意されています。日常会話からスタートするか、専門分野に特化した学び方で学習するか、自身の目指す先に合わせて検討することが必要です。

ビジネス英会話コースに通う人たちの口コミ

「実際にビジネスシーンでの経験が豊富な講師陣が多く在籍しているので、場面に応じた英会話スキルを教えてくれるのは本当に助かります」

「想像していたよりもビジネス面で役立つ英会話を教えてくれませんでした」

「テキストには、ビジネスシーンごとに使える英会話が盛り込まれていて、とても質の高いものでした。真面目に学習していけばスキルアップは間違いないと思います」

このように、一般的な英会話コースと比べても、レッスンにビジネスシーンでよく使われる英語を散りばめたりといった工夫がなされています。

近年のビジネスシーンでは、日本だけでなく世界に向けた市場展開が避けては通れなくなっています。その中で、日本は英語力で言えば下から数えたほうが早いのが現状です。これからのグローバル社会を勝ち抜いていくためには、ぜひ、ビジネスに特化した英会話のスキルが必要不可欠なものになってくるでしょう。

#