教材費が高いのは当たり前?

英会話教室に関するさまざまな疑問などについて解説しています。こちらのページでは英会話スクールで使用する教材について掲載しています。

A.自身の学び方やスキルに応じた検討が必要

結論を先に言ってしまうと、やはり英会話スクールに通うのであればそのスクールが用意したテキストを使うほうが、効率よく英会話を身につけることができます。特に独自の教材を使用している場合は、そのスクールの指導方針に沿った内容となっており、授業を進行する講師もテキストを元にして指導スキルを磨いています。

一方、指定の教材を使わない場合、スクールとしての指導方針やカリキュラムに沿った指導を受けることも難しいですし、講師が指導のために身につけたスキルも活かせなくなってしまうこともあります。

教材費は「消費」ではなく「投資」

生徒にとって高額の教材を購入することに抵抗を感じることは無理のないことです。そこで、教材に払う費用の教え方を変えてみることも効果的です。ブランド品や日用品などと同様に購入して「消費」するのではなく、お金に変えることができない能力を獲得するために「投資」する、という考え方にシフトチェンジをすることで、精神面での負担を大きく軽減することができるはずです。

教材の必要性と指導方針が注目ポイント

スクールによっては、特定の教材を利用しないというところもあります。その場合はまず、教材の必要性とスクールの指導方針を確認する必要があります。テキストがなくても、カリキュラムや指導方針がしっかりと確立され、講師の指導力にも定評がある場合は教材を用意する必要はありません。

ただし、教材もなくスクールとしての方針があいまいな場合、カリキュラムに沿った勉強ができず、自身の習熟度も把握し辛いことが考えられます。自分のレベルに合致した教材や指導法を選ぶことが必要で、継続できそうなものを選ぶことも重要となります。せっかくの英会話スクールという場を活用するのであれば、講師に相談して選んでもらうことも方法のひとつでしょう。

英会話スクールで教材を利用した人たちの口コミ

「前の学校では、英会話についてわからないまま教材を用意されて不安でした。G-Flexのテキストは、明確で論理的な内容で安心して勉強できます」

「リンゲージの教材は、とても見やすくて家での復習にも大変便利だと思います」

#