【日本人講師or外国人講師】英会話を教わるならどっち?

講師は日本人のほうが良い?

英会話教室に関するさまざまな疑問などについて解説しています。こちらのページでは外国人講師と日本人講師の違いについて掲載しています。

A.受講生のレベルや講師のスキルによる

実際に無料レッスンなどを受講するとよく分かりますが、ネイティブスピーカーが必ずしも優れた講師とは限りません。反対に、熟練したスキルをもった日本人から教わったほうが、意思の疎通がしやすい分だけ英語力が向上しやすいといったケースもあります。

しかし、日本人講師のほうが語学講師として優れているかというと、一概にそうとも言い切れません。自然な発音に優れているネイティブ講師から活きた発音を教わることができるというメリットもあるのです。

日本人講師と外国人講師のメリットやデメリットについて紹介します。

日本人講師のメリット・デメリット

メリット

日本語でのコミュニケーションが取れるため、意思の疎通がしやすく、気持ちを共有できるという利点があります。そのため、どんな状況でも柔軟に対応してくれるので、幅の広いフォローが期待できます。さらに、来日してからの日の浅いネイティブスピーカーでは、「私が」や「私は」といった日本語のニュアンスが分からない場面も。文法に関する細かい間違いについての共通理解という点でも、日本語での質問回答ができると学習もしやすいでしょう。

デメリット

外国で生まれ育った帰国子女でもない限り、やはりネイティブの自然な発音を聞くことはむずかしいでしょう。また、スクールで日本人講師に慣れすぎてしまうと、いざ外国人と向き合ったときに緊張感から十分な意思疎通ができない場合もあります。さらに、やはり英語を習うのは外国人と会話をするためといった醍醐味を十分に感じることができないのも大きなデメリットです。

外国人講師のメリット・デメリット

メリット

活きた発音の英語を生で聞くことができるので、英語を身近に感じることができるでしょう。さらに、そんなネイティブ講師と対話を重ねることで、自然とスピーキング力・リスニング力も身についてきます。日本語講師のデメリットでも紹介していますが、実際に外国人講師と会話をすることで、英会話を続けることの面白さを実感するとともに、モチベーションを維持することもできるというメリットがあります。

デメリット

一概に外国人講師だからということでデメリットは説明できませんが、教えるスキルや日本語に関する語学力が低いネイティブ講師では、授業料を払って教わる価値はありません。語学力に優れた人材しか採用しないというスクールもあるので、じっくりと体験レッスンなどでどんなネイティブ講師がいるのかを見極めていきましょう。

講師に関する口コミ

「私が通った英会話スクールには、じつにさまざまな国籍のネイティブ講師がいました。おかげで活きた発音のアクセントやクセの英語に触れることができました」

「やはりネイティブスピーカーはいいです。活きた発音をその場で聞くことができますし、独特な言い回しや言葉づかいも教えてくれました」

「単語の意味が分からないと質問しても、英語で説明されたのでよく理解できませんでした。やはり日本人講師も必要だなぁと感じました」

#