英会話の料金は何にかかるの?

英会話教室に関するさまざまな疑問などについて解説しています。こちらのページでは英会話スクールで支払う料金の内訳について掲載しています。

A.「入会金」「教材費」「授業料」が代表的

グローバル化が進む現在では、多くの英会話教室・スクールが存在します。そのため、価格競争も激しく「入会金無料!」「1万円ポッキリ」など、キャンペーンやセット価格を打ち出すことも多々ありますが、「入会金」「教材費」「授業料」をチェックすることで、大まかな価格帯を把握することができます。

何でそんなにかかるの?英会話スクールの料金を解説

語学を覚えて自分の世界を広げたいと思う人は多くいると思います。しかし、語学を勉強するためには少なからずお金がかかります。特に英会話教室やスクール・学校で勉強する場合は、入会金、教材費、授業料といった項目に加えて、管理費や月会費といった諸経費がかかってくる場合も。ここでは、代表的な費用について、「なんでこんなに料金が高いのか?」といった気になるポイントについて紹介します。

入会金

語学学習の市場では、大手企業も英会話スクールの運営に参入、テレビや電車の中吊りなど莫大な広告費をかけるようになりました。入会金には、単純に事務にかかる手数料を徴収すると同時に、広告費用を回収するために設けている側面があります。ちなみに海外の語学スクールでも「入会金や入学金は設備の購入や運営費用などに充てられる」ようで、やはり快適なスクール運営のためにはある程度は必要なお金のようです。

教材費

その名の通り、授業進行の要となる教材を調達するための費用です。近年では、スクールが独自の教材・テキストを制作出版するケースも多く、純粋な制作費用として充てられることがあるようです。中小規模の英会話スクールでは、教材を使用しないフリートーク形式でのレッスンや、生徒自身で用意した参考書を活用して指導をするという場合もあります。

授業料

語学学校の場合、授業料は講師の給料として消費されることが多いと言われています。授業料を下げなくても生徒数を多く獲得できるスクールでは、高額な授業料を設定しているスクールもあります。一方で、指導にかかるコストを抑えることで、授業料を安く設定している場合もあり、各スクールの方針によって金額設定もさまざまです。スクール運営には、講師の質や校内の設備、スタッフの人数の確保といったさまざまなコストが必要になってきます。こうした問題を解決するために、授業料を高く設定をすることで、生徒の満足度の向上に役立てているスクールも多いです。

#