朝活や夜活は効果的?

英会話教室に関するさまざまな疑問などについて解説しています。こちらのページでは、早朝や夜に学習することのメリットやデメリットについて掲載しています。

A.科学的根拠に基づいて効果的だが、デメリットも

英会話を早朝に学ぶメリットやデメリット

「睡眠の直後は、脳がとても整理されている状態」「脳の記憶に関わる偏桃体は、空腹の時がより活性化される」これらは決して迷信や噂ではなく、きちんとした科学的根拠に基づいたことです。1日のうちで、この条件を満たしている時間が朝の時間です。つまり、早朝に頭を使う勉強を行うことで、より記憶力が増進されて英会話なども覚えられるようになるのです。

朝活のメリット

早朝は、頭だけなく体全体がリラックスして時間を意識することのない、いわばフローな状態。「より英語を覚えたい!」というのであれば、頭がぼーっとしている起き抜けがより効果的ということもいわれています。

朝活のデメリット

こうした朝活の一番のデメリットは、何といっても朝が弱い人にとっては絶望的だということ。「朝の忙しい時間帯に毎日英会話をやってられない!」という方も少なくありません。

そういったまとまった時間を取るのが難しければ30分だけ早く起きることに集中して、徐々に時間を長くしていけばいいでしょう。やがてそれが習慣として根付くことができればしめたものです。

夜に英会話を勉強することのメリットやデメリット

朝活とは反対に夜の時間を英会話などの勉強や趣味などの時間に充てることを夜活といいます。近年では、労働環境も以前とは変わり、ノー残業デイを設けている企業も増えてきました。こうした仕事終わりから夜眠る前までの時間を有効的に活用することで、自分の語学力を大幅にアップすることができます。

夜活のメリット

夜活のメリットは、就業直後ということもあり頭が完全に集中できる状態から勉強を行えるということ。さらに朝活とちがって、活動している人も数多くいるので、英会話教室などにも多くのクラスメイトが集いやすく、和気あいあいと勉強ができるということも大きな特長といえるでしょう。

夜活のデメリット

反対に、デメリットとしては、友人や上司からの誘いなどによってスケジュールが急に変わること。対抗策として、英会話のスキル向上のためのモチベーションを保つためのスケジュール管理が必要となってくるでしょう。

#