大手と中小規模の英会話スクールのメリットやデメリットを大調査

大手と中小規模の特徴比較

英会話スクール探しに役立つ情報をまとめてみました。ここでは、大手と中小規模といったスクールの違いについてくわしく解説しています。

大手と中小規模の英会話スクールはどう違うの?

インターネットで英会話スクールと検索した方はわかると思いますが、巷にはじつに多種多様なスクールがあります。しかし、よく見ると大手会社が運営しているものと、中小規模が経営しているものとに区別されます。それでは、これらは具体的にどういった違いがあるのでしょうか?

大手の英会話スクールのメリット・デメリット

メリット

大手スクールの一番の特徴は何といってもその生徒数でしょう。例えば、グループレッスンでは生徒のレベルに合わせて細分化されたコース設定があり、そのなかから自分のレベルに沿った授業を選択することができます。また、大手企業が運営しているということもあり、実績と安心感を感じながら学ぶことができるでしょう。

デメリット

大手ビルなどに教室を持っている関係で、比較的料金が高く、規約なども細かく設定されているため、解約しにくいというデメリットも口コミのなかには見られます。

中小規模のスクールのメリット・デメリット

メリット

大手に比べて学んでいる生徒数は少ないですが、その分アットホームな雰囲気のスクールが多く、講師と仲良くなってプライベートでも遊びに出かけたり、授業時間を非公式で延長してもらえるといった、柔軟な雰囲気のなかで英語を勉強できます。

デメリット

講師を多く抱えている大手のスクールとは違って、限られた講師しか在籍していないことで「急に帰国してしまった」「病気で休講になった」といったリスクが生じる可能性が高まります。また、広範囲なレッスンに対応できないといったこともよく聞かれる話です。

こうして大手と中小規模、それぞれのスクールのメリットやデメリットを紹介してきましたが、やはり自分に合ったスクールに通うことが一番の近道となってくるでしょう。ひとまず無料レッスンなどがあれば、気軽に受講してみるというのも重要です。

#